ひざサポートコラーゲンにある“機能性”は客観的なもの?

ひざサポートコラーゲンは「機能性表示食品」です。

しかし果たしてソコに書かれてある事柄は客観的な事実なのでしょうか。

お話ししておきましょう。

■消費者庁経由の第三者組織で極秘検証。

ひざサポートコラーゲンのメーカーなどは、機能性表示食品の承認を得ようと考えたとき、最初に消費者庁に対して臨床結果を含んだ数百ページの資料を提出します。

その後、消費者庁の手によって資料が第三者の化学者グループに内々に渡り、検証が始まります。

ここまでのプロセスにおいて、たとえばひざサポートコラーゲンのメーカーの担当者が、検証先の機関を訪れることはありません。

検証先や化学者グループが誰なのかなどは一切極秘裏とされています。

■臨床データが明記されたサプリメント。

医薬品の臨床データほどではありませんが、効能や結果を示すひざサポートコラーゲンのプロセスや、実際に飲んでみた被験者とそうでない人たちとの比較データも、資料の中には細かく記されています。

医薬品ではないので効くと断言できるものではありませんが、客観的なデータが揃っていることは確かです。

■客観的に第三者の化学者が検証することで、ひざサポートコラーゲンも、効能のプロセスを説明できるようになりました。

これまでのサプリメントは、機能をうたうことも、効果をうたうことも許されていませんでした。

サプリの機能を検証する独立した機関がなかったからです。

目に見えない不確かな効果を信じたこれまでより、機能性表示食品は数倍安心できます。




Comments are Closed