ひざサポートコラーゲンにある「機能性表示食品」とは

ひざサポートコラーゲンは「機能性表示食品」として、他のサプリメントとは違う細かな説明がなされています。

厚生労働省認可とどう違うのかなどお話ししておきましょう。

■消費者庁を窓口とした徹底検証。

ここ数年、機能性表示食品というサプリメントを良く耳にするようになりました。

ひざサポートコラーゲンも、その機能性表示食品の1つです。

機能性表示食品はどのようなものかと言えば、メーカーとは関係のない第三者の化学者グループが、細かく検証した後に「資料に記載されている説明や化学式に一切の間違いはない」と追認したものです。

よくある疑問⇒すっかりおなじみ! 「トクホ」と「機能性表示食品」は何が違うのか

■厚生労働省認可とは異なるプロセス。

このような経緯をたどって、認可を受けたのが機能性表示食品です。

プロセスはひざサポートコラーゲン以外のものでも同じです。

したがってこのプロセスからすると消費者庁が受付の窓口であり、承認元ということになります。

厚生労働省ではありません。

厚生労働省は医薬品など健康に重大な影響を与える可能性がある医薬品について、製薬会社の開発時点から関与するものです。

サプリメント類とは性格を異にします。

■ひざサポートコラーゲンなどの機能性表示食品は、検証先や日程など一切を知らされていません。

極秘裏なので客観性は保たれています。

機能性表示食品は厚生労働省認可の医薬品などではありません。

しかし消費者庁を窓口とした第三者機関で検証された間違いのないものです。

内容や成分の真偽性が曖昧だったこれまでのサプリメントからすると隔世の感があります。




Comments are Closed